【参加者募集】畑とつながる台所〈お味噌づくりの会〉

私たち夫婦が栽培した青大豆を使って仕込む味噌作り会を開催します。

味噌づくり16年目!!
原料の青大豆は私たちの自家菜園で栽培しています。

私たち日本人の食生活に欠かすことのできない発酵食「味噌」。
その味噌を自分でつくってみることで、味噌そのものや、味噌を使った日常の食事に愛おしさが増してくる感じを実感できるようになると思います。
今シーズンは、オプション追加で豆板醤づくり体験も行います。

青大豆の育った畑の隣で、その物語を聞きながら一緒に味噌づくりをする1日の体験。
そんな味噌づくりをしてみたい方や、農的な暮らしに関心のある方のご参加をお待ちしています!

青大豆の畑を眺められる、こんな景色の中で仕込みましょう♪

美味しい手前味噌を一緒につくりましょう♪

▼ひだまり暮らしの味噌づくりの特徴▼

【原料の青大豆は自家栽培】
肥料、農薬、除草剤を使わずに栽培しています。
この青大豆は、昔からこの地域で味噌用に栽培されていて、毎年種を取り継いでいます。
※現在収穫中ですが、例年に比べて収量が少ないです。昨年収穫して保存してある青大豆や、購入した大豆を混ぜ合わせて実施する場合もあることを予めご了承ください。

【栽培過程の話を聞くことが出来る】
畑の話や栽培のエピソードなどをお話しながら仕込みます。
輸入大豆が原料の多くを占めている現在で、産地や畑のことを知ることも大切なことかもしれません。
青大豆の生産者である私たちだからこそできる体験です。

【地元のこうじ】
山梨にはこうじ屋さんが10軒ほどあります。そのうちの1軒で前日に直接購入したものを使用します。

【大きな釜戸を使って薪の火で】
直火でグラグラと。とろっとして柔らかく。

【自分専用の桶で仕込む】
みんなでまぜまぜする仕込み方もありますが、当方ではお一人ずつ自分の分を仕込んでいただきます。
原料がしっかりと混ざることや、自分自身の常在菌で仕込むことができます。

【約4㎏】
お一人分の量です。毎日の味噌汁として食べてもらいたいという想いからこの量にしています。中央の方が大切に抱きかかえるようにしているのが4㌔の樽です。

【自宅で育てる】
味噌樽を持ち帰り、ご自宅でじっくり熟成させます。
晩秋から年末に食べ頃になります。

【失敗しにくい方法で】
「都会のマンションやアパートでも美味しく出来たよー!!」という声を毎年たくさんいただいています。

【大人の食育という視点】
子どもも大人もみんなでわいわいと作るのも楽しい味噌づくりです。
しかし当方ではそこを大人限定としている理由は、単にお味噌づくりするだけではなく、栽培過程の物語を知ってもらったり、日常の台所や食卓について改めて考えてみようという意味もあります。
そんなふうに、講座に近い体験として開催しています。
畑の話や味噌づくりをじっくりと体験することで、ご家族のためにつくる日常のご飯づくりのお役に立てたらという願いもあるのです。

【オプション追加/豆板醤づくり】
小瓶に仕込んでお持ち帰りしていただきます。
ご希望の方は、予約ページよりお申し込みください。

※昨年の味噌づくり会の様子(ブログ)

お味噌づくりの会2022修了

———-募集内容———-

|と き | 2022年12月~2023年2月(開催カレンダーに順次掲載します)
|ところ | 山梨県甲州市塩山竹森 広瀬宅の庭(場所の詳細は申込後にご案内します)
|定 員 | 10名
|対 象 | 大人

|タイムスケジュール(予定)|
10:15-10:30 オリエンテーション
10:30-11:45 畑見学 豆のお話し
10:45-11:30 味噌づくり作業①青大豆ミンチ
11:30-12:30 昼ごはん
12:30-14:00 味噌づくり作業②仕込み(オプション追加/豆板醤づくり体験)
14:00-14:30 片付け
14:30-15:00 お茶 & 振り返り 解散

|持ち物|
・味噌樽(現地で500円にて購入できます。過去の参加者はお手元にある樽のリユースをお薦めします。)
・三角巾
・エプロン
・タオル
・カイロ(防寒用)
・味噌樽を持ち帰る為の丈夫なトートバッグ(バスケットボールがすっぽり入るサイズ)
・マスク
・空ペットボトル(青大豆の茹汁を持ち帰る方)

|服装|
全ての工程は屋外(庭)で行います。
モコモコした服装ですと仕込みにくいので、インナーを重ね着することをお薦めします。
腕まくりできると作業がしやすいです。

|料金に含まれるもの|
体験料、味噌4㎏分の材料代(味噌樽は含まれません)、味噌の試食、昼食

|その他|
・感染症対策につきまして、こちらの「ガイドライン」と「ご利用のお願い」を確認の上ご協力をお願いします。
「ガイドライン」https://hidamari-yamanashi.com/archives/4569
「ご利用のお願い」https://hidamari-yamanashi.com/archives/4564
・雨天時は内容を一部変更して行います。
・緊急事態宣言が発令された場合はその期間の開催を中止し、その場合の参加費は返金します。
・開催日ごとにLINEグループを設定しますので、当日に向けてのご案内はそちらで行います。

2022年11月8日に我が家の自宅用のお味噌を開封しました♪今年も美味しく仕上がりました!一緒に仕込んだみなさんからも「美味しく出来ましたー!」との報告をいただいて、嬉しい限りです♪

詳細・お申し込みは下記URLからお願いします!
畑とつながる台所【味噌づくり会〈4kg〉】>新宿から90分の甲州市塩山

手前味噌をつくることが年中行事のようになり
季節とともに発酵の過程を過ごし
お味噌を美味しく食べてお健やかでありますように
お味噌をつくる人、食べる人がたくさん増えますように