【参加者募集】農ある暮らし1DAYリトリート【GW】春の畑しごと+ハンモックシエスタ

今回のリトリートの季節は「穀雨」。
穀雨とは二十四節気の中で4月下旬~5月上旬の時期を指します。
田畑では田植えや種まきの準備が始まり、その季節に降る雨は穀物を育みます。

滞在中は、畑の観察や種まきなどの体験をする中で、体をゆるめ、心をひらき、静かに内なる声に耳をかたむけてみてください。

ハタリトは、農ある暮らしを体験する中で、自身と向き合う時間を過ごすリトリートプログラムです。

【開催日程】
①4/29(祝)10:00~16:00
②4/30(祝)10:00~16:00
③5/1(祝)10:00~16:00
④5/2(木)10:00~16:00
⑤5/3(祝)10:00~16:00
※最小催行人数 1名

午前中は畑に。
私たちは動物性の肥料や農薬、除草剤を使いません。
暮らしの中にある農の話をしながら、植物の観察をしたり、草取りや種まきの体験をします。
のどかな景色に囲まれて、土や植物に触れる時間をお過ごしください。

昼食は我が家の田んぼで採れたお米と、自家栽培の青大豆で仕込んだ味噌をつかった味噌汁を中心に、普段私たちが食べているものを一緒に召し上がっていただきます。
豪勢なものはありませんが、旬の素材をシンプルに調理します。
どうぞお楽しみに♪

午後はハンモックにゆられてみてください。
ハンモックに身を委ねて、静かに自分だけの時間をお過ごしください。
五感を研ぎ澄まし、この場のこの時を感じてみるのもいいでしょう。

また、引き続き畑で過ごすのもいいですし、料理や暮らしの話を聞きたいというご要望があればお応えします。
思い思いに過ごす時間が、この日をより深いものにしてくれるでしょう。

農作業体験に留まらないリトリートの1日が、必要な方に届きますように。

 

詳細・お申込みはTABICA-この体験が、旅になる-よりお願いします。