ひだまりのお田植え2018

6/14〜15 お田植えしました!

今年初めて自分達で育てた稲の苗。

籾おろしから50日余り、自宅前と田んぼの2ヶ所の苗代で見守り、育てました。

初めての「苗とり」は、想像以上に大変だったけど、聞いていた通りに惚れ惚れするような良い苗になりました♡

そんな苗たちを田んぼに植えていたら、ちょっと感慨深くて…。

我が子の小学校入学式で感涙する親御さんのような気持ちとでもいいましょうか(笑)

苗代から田んぼに大きく環境が変わるけど、しっかり根を張って、大きく元気に育ちますように!

って、感慨深く植えていたのは最初の1時間くらい〜💦

あっという間に前日に苗とりした分が足らなくなり、急遽苗とりとお田植えが同時進行に。

もうそこからは時間と体力の勝負みたいになって、必死でしたー(笑)

いつもお世話になっているおばあちゃんが「苗代からは大変だから、やめておきなさい」というアドバイスを身を以て実感しましたー。

でも!

でもやっぱり自分で育てた苗で植えるお田植えは特別でした。

今後の成長過程にもよるけれど、

やっぱり来年もまた苗代から頑張りたいなーと、すでに思っています。

お田植えが「小学校入学」なら、稲刈りや籾摺り、新米はどれだけ感慨深いのか?

黄金色の稲穂をすでにワクワクと夢見てしまいます。

早速、翌朝から始まった水見当番。

一日2回通って水量を調節します。

仕事と、お天気と、苗の成長と、すべてやりくりしてたどり着いたお田植え。

お田植えは大きな節目だけれど、ゴールではなくスタート。

稲を見守りながら、実は私が稲に育てられる日々が始まりました!

今年もどうか無事に育ちますように。

得難い経験ができる環境に、

アドバイスや協力してくれるみなさんに、

年々しんどくなるけど頑張ってくれる健康な身体に、

すべてに感謝します。

ありがとう。

これからどうぞよろしくね。